So-net無料ブログ作成

 ハワイ第1日 [今日の出来事]

ハワイ第1日はレクチャーのみであった。

最初の女性の先生の話は、
女性がいかにしてアクティブに海外で医師としてはたらけるか?
彼女は研究が好きといっていたが、実際アメリカにおいても臨床をしながら子育ては難しいのかもしれないと思った。本気で人生の充実を考えるなら。
そういった意味では人生自体もめちゃ充実しながら思ったような家庭を築いた彼女のバイタリティ はずばらしい。ひとつ彼女が得をしていたのは帰国子女ということでひとつ大きな城壁が低かったことだろう。

そういった意味では日本人が国内に留まりたい理由として言語の大きさと英語教育のイマイチさをまたここで感じることになった。

その次の男性の若い先生の講義もとても好感がもてた。内容は、アメリカ教育と日本の教育の比較がメインであったが、彼はアメリカ、日本にこだわらず、どのような教育がよりよい医師を作っていくのか?ということを真剣に考えているように思えた。
その証拠に彼の今回の講義のゴールが講義することでも自慢することでもなく、何かつかんでもらって帰ってもらう。ことに重きをおいていることが伝わってきたから。
おそらくかれは患者さんに対しても、レジデントに対しても同様の意識で望んでいるのだろうということが容易の想像できる講義であった。

それにしても日本人ときたら、質問に対して、出題者の意図読み過ぎ感をとても感じた。ここにいる若い医師達は野口の説明会のように、”アメリカ行ってやるぞバリバリ” でない人たちではあったが、最後の町先生の講義は部屋全体がアメリカでレジデンシーもいいかも的な空気を作り上げていた。
それは、アメリカいいよ!ではなく何がいいか悪いかということと客観的に分析していたこと。そして、アメリカの教育のシステムのみならずエネルギーを感じたからだろう。
日本で「あそこは三次救急はやってないから」などと言っている人に聞かせてあげたかった。
町先生はart面の教育をかなり強調されていた。誰かが人間性としてやどるものなのか?訓練でみにつくものなのか?といっていたが、僕自身は目的をはっきりさせることだと思っている。説明すること、とか、手技をうまくやること、検査をうまく選ぶこと。を目的としているような空気が病院中やグループの中に漂えば、どうしてもそこに向かって懸命になる。最終的には患者や家族のhappinessであることの共通意識を持っていればおのずとartは生まれてくる。というのが私の持論だ。

にしても 特に医学の世界ではどこでもspoon feeding or autonomy は永遠の課題とも言えるが、その中からうまれてきたのがfacilitateという言葉なのだろう。

本日キーワードは
GME graduated Medical education
Autonomy
Flat world
competency

patient care
Medical knowledge
Practice Based Learning and improvement
System Based Pracitce
Interpersonal and Communication Skill
Professionalism


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。