So-net無料ブログ作成
検索選択

あけましておめでとうございます。 [つれづれ]

??-28.JPG

今年は一言でいってジレンマの1年だったように思います。

仕事量と仕事レベル、自分の人生と患者の安全、自分の仕事量と他の人の仕事量。

患者の人生と生命、コニュニケーションと指導 そのすべてが、どこかのバランスを見つける作業をいつもしていたように思います。

時に、罪の意識をおぼえたり、やりきれない気持ちになることもありましたが、結局自分にできることは、一生懸命やることと、自分自身の安全を守ることとのジレンマ。そして、やるからには自分の信じたことをやるしない。という最初からある答えなのです。最も大切なことは自分の存在価値。そして、もっともつらいのは十分なことができないこと。

 

この1年でもっとも学んだことは、正しいことをしているからそれでいいということではなく、組織全体を正しい方向に持って行かないことには、自己満足になってしまうということ。そして、その答えもやはり一生懸命やること。

ただ、一つ加わるとすれば、たとえそれが信じていることでも自分の価値観を人に押しつけないということでしょうか。

 

 

我々のやろうとしていることは本当はたった一つのこと、それは病院というものがこの世に必要だった理由と一致することなのです。

命は均等ではなく、その人や家族の価値観によってその重さが決まります。

ただ、すべての人が平等なところで、選ぶ権利を持っているはずなのです。そしてそれが我々の価値観と一致しないこともあります。

目的は正しい医療でもすばらしい医療でもなく、「しあわせ」ではないでしょうか?



nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

manomana

明けましておめでとうございます。
1年強、通院しておりますが、最近医師との関わり方に悩んでおります。
医師も人間ですから、機嫌の良い日もあれば悪い日もあるだろうとは思います。しかし、前回受診した際には満面の笑顔で「不安があればいつでも相談してください」と発言した医師が、次回受診時には目も合わせてくれないことがあります。それどころか腕組みをして壁を睨んだまま(体はデスクに向かった姿勢)、更には患者の視線を逸らすように不自然に首を反患者側に向けていたりします。
年末このような診察を受け、「何か医師の機嫌を損ねることをしたのだろうか?『断らない』を掲げている病院のため医師から診察拒否をすることはできないが、「患者が察するべきだ」と考えての診療態度なのだろうか・・・」と色々と思い悩んでいたら、年末年始は胃がキリキリと痛み、寝込んでしまい、年始の初仕事は欠勤しました。慢性疾患の為、次回予約も入っていますが、キャンセルするべきなのか正直どうしてよいのか分かりません。
医師の機嫌を損ねることなく、診療態度を改めて頂くにはどうすればよいのでしょうか?私に落ち度があるならば、ハッキリと言葉にして伝えて欲しいと切望しているのが本音です。
転院も考えましたが、「他の病院でもっと酷い対応をされたら怖い」と恐怖心もつのり、どうすれば良いか分かりません。
医師の立場からの率直な助言をお願いいたします。
by manomana (2011-01-05 02:06) 

t_matsu

患者も人間医師も人間。あなたのケースに対するお答えをすることはできません。一つ言えることは、あなたが弱い立場という理由で正常な人間関係を避けているということではないでしょうか?
医療に最も大切なもののひとつである医師ー患者関係が壊れているのであれば、普段あなたがされている人間関係と同じ対応法をとられたらいかがでしょうか、私自身はパターナリズムは崩壊すべきであり、患者も医師に対等につきあうべきだと考えています。
誤解があれば解けるかもしれません。
by t_matsu (2011-01-09 06:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。